カテゴリー別アーカイブ: 未分類

弁護士に無料相談する方法

無料相談をする方法は、直接面接、電話、メール、FAXなどがあります。電話による相談は、弁護士会が無料相談を受け付けている場合も多く、氏名や顔を知られる心配がないため、多くの利用があります。会話をしながらリアルタイムでアドバイスがもらえる点は直接面接と変わらないため、急を要する場合には、まず電話で簡単に内容を伝えておくのもひとつの方法と言えるでしょう。無料相談の場合、弁護士はより多くの相談者と話をする必要があるため、時間が限られていることも多く30分ほどを目途として考えておく方がいいでしょう。貴重な相談時間となるので、相談中のメモはしっかりととっておく必要があります。

メールやFAXで無料相談を受けている弁護士事務所は多く、ネットでも質問フォームが準備されているサイトも見受けられます。しかし、一方通行での伝達となるため、よほど問題の内容を整理してわかりやすく書きこまないと、弁護士に問題の本質が伝わらないこともあります。また、返信までに時間がかかることがあるため根気よく待つことができる時間がある場合は有効です。やはり、一番のおすすめは、直接顔を合わせながら行う対面相談です。債権者からの通知書や請求書などの資料を直接見てもらえるため、スムーズに相談を進めることができます。せっかくの無料相談ですので、事前準備をして有意義な時間になるようにしましょう。

債務問題の相談

借金問題を抱えると、自分だけでは解決ができず、日々の取り立てに精神的に追い詰められてしまうことも多いでしょう。債務を整理するには、過払い金請求や任意整理、個人再生や自己破産、特別調停などの方法がありますが、どれも個人の力で行うのは困難です。活用される頻度の高い任意整理は、弁護士や行政書士などの専門家に依頼して、債権者と話し合いで解決を図ろうとするものです。債権者もその道のプロなので、素人が太刀打ちできる相手ではありません。豊富な知識と経験を誇る、債務問題を得意としている弁護士などに相談することが問題解決への早道となることでしょう。

弁護士への依頼は無料相談を経て、着手金、成功報酬金を支払うのが一般的です。最近は、過払い金請求を目的とした弁護士の無料相談が全国各地で盛んに開催されていますが、条件によっては着手金が無料となることもあるため、相談しないともったいないと言えるでしょう。また、過払い金の返還があった場合には、その金額のなかから報酬金を支払うこととなり、手出し費用が必要ないため自腹で費用を捻出しなければならないこともありません。借金問題で切羽詰まるとすぐに自己破産を考える方もいますが、自己破産をすると借金が帳消しになるというメリットとともに、持ち家を含む財産を全て失い、その後のローンや借金ができなくなくなるとデメリットもあるので、慌てずに弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士の無料相談内容

難関の司法試験に合格して晴れて弁護士になった優秀な方々ではありますが、得意分野、不得意分野がありますので、自分の相談内容に合った方に依頼するようにしましょう。実際に弁護士に無料相談ができる内容にはどんなものがあるのでしょうか。まず、交通事故に関する問題です。経験豊富な弁護士に相談することで、慰謝料や示談金、損害賠償金などを事例に合わせた適正価格で算出することができるだけでなく、こじれた際の裁判でも引き続き依頼ができるのでとても心強いものとなります。

家庭の問題のなかで無料相談の多いものとして遺産相続に関する問題があります。相続人が複数いたり、複雑な家庭環境であったりすると相続人同士の争いに発展することが多いものです。専門家のアドバイスをもらいながら手続きを進めることができるため問題がこじれることが少なくなります。既婚者の3人に1人が離婚経験者という時代になり、離婚問題の相談も多く行われています。親権や養育費、慰謝料、財産分与など、整理しておかなくてはならない問題が多いため、専門家であるとともに第三者の弁護士に介入してもらうことで、話を円滑に進めることができます。また、アドバイスをもらってもうまくいかない場合は、離婚調停などの手続きを依頼することも可能です。

弁護士への相談

弁護士への相談と聞くと、30分ごとに数千円が加算される高い相談料をイメージする方もいるでしょう。なんとなく敷居が高く借金問題などで相談しても相手にされないのではないかと考えてしまう方もいるでしょう。テレビドラマでも刑事事件などを描くことが多いため、現実的なイメージをもつことは難しいのかもしれません。最近は、債務整理のための無料相談ができることを広告で目にすることも多くなりましたが、本当に無料で相談できるのだろうかと不安になることもあるでしょう。弁護士への無料相談といえば法テラスがよく知られていますが、法律事務所に所属している弁護士にも無料で相談することができます。

弁護士は、慈善事業で仕事をしているわけではないので、相談や無料ですが、実際に案件を依頼するには費用がかかります。サービスを受ける側の受益者負担の法則は基本であるため、問題が解決した場合は報酬として費用を支払うのは当然のことでしょう。そのうえで、無料で法律相談を実施している弁護士には、安心して相談できると言えるでしょう。従前は、弁護士の相談は1時間当たり1万円程度が相場であるとされていました。弁護士はそれぞれに得意分野があります。無料相談を、自分が解決したい問題を依頼する弁護士選びのために活用する方法もあります。ネットでも、法律事務所や個人弁護士それぞれに離婚問題や訴訟問題、遺産相続や医療問題、相続問題や債務問題など得意とするジャンルを看板として掲げていることがよくあります。信頼して依頼できる弁護士を探すことは、問題解決への第一歩となります。