弁護士に無料相談する方法

無料相談をする方法は、直接面接、電話、メール、FAXなどがあります。電話による相談は、弁護士会が無料相談を受け付けている場合も多く、氏名や顔を知られる心配がないため、多くの利用があります。会話をしながらリアルタイムでアドバイスがもらえる点は直接面接と変わらないため、急を要する場合には、まず電話で簡単に内容を伝えておくのもひとつの方法と言えるでしょう。無料相談の場合、弁護士はより多くの相談者と話をする必要があるため、時間が限られていることも多く30分ほどを目途として考えておく方がいいでしょう。貴重な相談時間となるので、相談中のメモはしっかりととっておく必要があります。

メールやFAXで無料相談を受けている弁護士事務所は多く、ネットでも質問フォームが準備されているサイトも見受けられます。しかし、一方通行での伝達となるため、よほど問題の内容を整理してわかりやすく書きこまないと、弁護士に問題の本質が伝わらないこともあります。また、返信までに時間がかかることがあるため根気よく待つことができる時間がある場合は有効です。やはり、一番のおすすめは、直接顔を合わせながら行う対面相談です。債権者からの通知書や請求書などの資料を直接見てもらえるため、スムーズに相談を進めることができます。せっかくの無料相談ですので、事前準備をして有意義な時間になるようにしましょう。


コメントは受け付けていません。